オイラのはなしを聞いてくれ!
明石市の大久保にある散髪屋『F's salon』のマスターの日記。 日々最高のサービスをお客様に提供しつつ 休日には趣味の釣りとマウンテンバイク! 家族を巻きこんで思うがままに遊び続ける身勝手男の日常・・
200905<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200907
どうしても行きたくなって・・・
 6月29日(月) 今日も六甲はガスってました。。。

いつかはここで・・・
 と思ってましたが我慢ができず妻と・・・
カレー屋さん
                  ここはどこかと言うと・・・


 ・・・ここです。
カレー屋さん
                          ・・・登六庵!

     六甲縦走を試みたことのある方なら
       きっと気になったでしょうこのお店。。。

           個性的なインテリア・・・
          個性的なご主人・・・

        個性的なスパイスのライスカレー
          妻はオムドライカレー

            うんまい!

            このお店・・・
           ハマッちゃう人が行くと
         ヤバくハマッちゃいそうですな。。。



ヤンヤやんや!
 6月28日(日)  チャリで出かけるねんからまだ降らんとってな~!

仕事を終えてROへ直行!

日曜の夜だというのにこんなにたくさん・・・
やんや!
オイラのために・・・・
  
  ・・・いや、オイラをだしに・・・

      どっちにしても感激だァ~

こんなものまで用意してくださって・・・
やんややんや!
        オイラの知る限りでも
           かなり使いまわされてるな・・・これ。。。

               楽しかったな~
                  みんなありがとう!!


手作りのええもんもろた~!
 6月28日(日) 今日は雨って聞いてたのになァ~

仕事を終えて大急ぎでお片付け!
今日はこの後「オイラの六甲縦走withチャリ成功」だしにみんなで飲み会!

そこへ本日参加のまつじゅん氏登場・・・

 「うちの家内の手作りなんです・・・」

まつじゅんパン
                 旨そうなクリームパン

  「カスタードもお手製なんです」

 マジッスか~
   
   ア~ング!

 うっめ~~~~!

       「こんなん作ってくれる奥さんっていいな~」

                        ウッワ~ おまえそこおったんかいな・・・
ええもんもろた~
  6月25日(木) もう夏やね!

ご近所の可愛らしい奥様が
「沢山いただいて、もうさすところがなくなちゃったので~」
お花
                    おお~これはありがたい!

近年、花を見て「きれーやな~」とか「ええかおりやな~」とか
 普通に思えるようになったオイラ・・・

  “年をとった”のではなく“人として成長した”のです。。。
      ・・・きっと。。。
       ・・・いや絶対!!

  Sさんありがとうございました
 今日、また自分の成長を確認できました。

          ・・・感謝感謝!!

雨なのに・・・六甲全山縦走withチャリ リベンジ!
 6月22日(月)
   二週間前のあの悔しさを忘れる前に・・・
               忘れないために今日決行しました!

天気予報で「雨は降るものの降水量は毎時1mm程度」とのこと。
朝3時に起床してスタート地点の塩屋へ向ってGo!
ところが西明石の手前(西側)に差し掛かった頃に突然の豪雨雷!
塩屋に着いた頃にはすっかり上がってスタート予定の4時になりましたが・・・
チョッと待て・・・
 「さっきオイラは雷雲の下をくぐって来たのだから
    ・・・間もなくここにそいつが到着するのでは・・・」

予感的中!
09’6.22雨なのに六甲縦走!ヤッター! 004-222
              写真では分かりにくいですけど、かなりの雷雨・・・

実はこの時、一瞬このミッションの中止を考えました。

というのも昨夜寝るのが遅くなってしまった上に
隣で寝ていた末娘が突如膝の痛みを訴えて泣き出し発熱・・・
「こんな時にオヤジが遊びに行ってしまったのではよくないな~」と思っていたし
結局睡眠時間は2時間足らずしかなかったので
「これはやっぱり無理なのかな~」

でも妻のこの言葉
「この子を病院へ連れて行くくらいは一人で行けるし
  ・・・行きたいねんやったら行きたい時に行っとき!

これに押されてチャレンジを決断!

小降りを待って5:10スタート

6:55 雨の須磨アルプスに到着・・・
09’6.22雨なのに六甲縦走!ヤッター! 006-222
 このころ近くで雷の音が小さいながらも聞こえていたので
  地面丸出しの馬の背を通過するまでは生きた心地がせんかったです。。。

8:33 高取山到着・・・
09’6.22雨なのに六甲縦走!ヤッター! 011-222
                          前回よりチョッとペースUP!

11:01 前回に足が攣って攣って大変なめに遭った菊水山に到着。。。
09’6.22雨なのに六甲縦走!ヤッター! 015-555
一生懸命に直登階段を登って来たのに
 そこは真っ白・・・何~んも見えない・・・チョッとがっかり。。。
  でもタイムは1時間も短縮!

  菊水からの乗れない下り道・・・
 やっぱりここではチャリの存在がどうも鬱陶しくなって
「おまえマウンテンバイクやねんから、先に転がって行って下で待っといてくれへんかな~」
 と、マジで語りかけてしまいました。

おきまりの場所で!
09’6.22雨なのに六甲縦走!ヤッター! 017-222
                          絶対完走したる!!

今まで雨のお陰でアイシングされて治まっていた足攣り症候群が顔を出し始めて
この登りはチョッとハードでしたが、なんとか・・・
12:40 鍋蓋山到着
09’6.22雨なのに六甲縦走!ヤッター! 018-222
 相変わらず真っ白で何~にも見えない・・・
   山に登って景色を楽しめないのは
     ラーメン屋に行ってラーメンにチャーシューがのってないのに等しいです。。。

一気に市ヶ原まで下ってお昼ご飯・・・13:15
09’6.22雨なのに六甲縦走!ヤッター! 022-222
 今日はおにぎり・・・
  withチャリのハイキングでは
   物を口にする時に必ず足を止めなければならないのが難点だ・・・

天気が良くなってきて気持ち良くなってきた反面
 気温上昇&雨のアイシング無しでやや不安になりつつも
  いざ摩耶山・・・掬星台を目指して最大の難関「稲妻坂~天狗道」に挑みます。

猪くんのお見送り・・・
09’6.22雨なのに六甲縦走!ヤッター! 026-222
                  やや興奮気味の彼・・・
                     襲ってきそうでチョッと恐かった。。。

   激坂の連続・・・

さすがにヘヴィー
 なかなか手強いですが、そこはやっぱり二度めの挑戦とあってこんな余裕も・・・
09’6.22雨なのに六甲縦走!ヤッター! 029-222
                           それっぽく自分撮り・・・
        
   続けてもう一枚・・・
09’6.22雨なのに六甲縦走!ヤッター! 030-222

15:50 掬星台到着!
09’6.22雨なのに六甲縦走!ヤッター! 031-222
予想より時間が掛ってしまいましたが笑顔の余裕!

しかし、ここら辺から天候が急変・・・ガス&強風!

前回挑戦の折に膝を痛めてしまったアゴニー坂を過ぎ
 六甲自然の家を越えた頃にはガスは相当濃い状態になり
  山の中はなんだか寂しい。。。

その後、本来の縦走路から少し外れてサウスロードから丁字ヶ辻に向かいます。
 
このサウスロードがまたチョ~寂しい・・・
 ホラー映画のワンシーンのような・・・
   濃い霧の中、強風の吹く細い山道を一人歩くのです。。。

やっとの思いで前回リタイヤの地「記念碑台」に到着!
09’6.22雨なのに六甲縦走!ヤッター! 034-222
  もうこれはです!

且つこの濃霧・・・っていうか雲の中ですな。。。
 折れた枝やデッカイ箱のような物が道路を滑って行きます。

この先どうしたものかとROボスに相談したところ
 「山の中に入ってしまえばチョッとはましでは・・・」とのこと

   ミッション続行!

縦走の途中「ここでお昼御飯を食べる余裕がもてたらな~」と思うカレー屋さんを通過!
09’6.22雨なのに六甲縦走!ヤッター! 035-222
 
道が有るのか無いのか分からないくらい真っ白なゴルフ場横を通過・・・
09’6.22雨なのに六甲縦走!ヤッター! 037-222

このままだと暗くなるのが早くなりそうなので
 ガーデンテラスからは一般舗装路を進んで時間短縮を図ります。

   六甲山最高峰へはどうしても立ち寄りたかったのですが
    時間短縮と気象条件の悪化を理由にパスしました・・・残念。。。

18:00 さぁ~いよいよ
 宝塚への最後の山道へ突入です!
09’6.22雨なのに六甲縦走!ヤッター! 039-222

 もうヤバい
  どんどん暗くなってきて寂しさ増すばかり・・・

 道が見えなくなってきたのでヘッドライトを点けたら
  霧が濃過ぎてホワイトアウト・・・余計に見えなくなる始末・・・

 あとはもう必死!

       無我夢中

自分でも不思議なくらい・・・道なんてほとんど見えない・・・
  そっちが道のように思うだけ・・・
   いや、見えてるわけでは無いのに道とわかってチャリに跨って爆走!
    ペダルが重くなれば登りと分かって必死に押す!
  
  霧が徐々にはれてきてヘッドライトを使える程度になった頃には
   激しい下りを攻める体力が残っておらず
    リアブレーキを握ったまんまチャリを引きずって下ります。

19:50 塩尾寺到着!
09’6.22雨なのに六甲縦走!ヤッター! 041-222
  普通、夜の山寺なんて気持ち悪くて行きたくないものだけど
   そこに人の営みがあるというだけでどれだけ心強いものか・・・

宝塚の夜景を見ながら舗装路をゆっくり下ります。
09’6.22雨なのに六甲縦走!ヤッター! 043-222
 
20:05 ゴール!
09’6.22雨なのに六甲縦走!ヤッター! 044-222
お迎えをお願いしていたT村さんが絶妙のタイミングで到着!
   ガっツリ握手!
   
    もう感激ッス!

       辛かったけど楽しかった~!

 「三度目の正直!」
  嵐に遭った時には「二度あることは三度ある」になってしまうのではないかと思ったけれど
   過去二回も含めて応援して下さった皆さんのお陰でなんとか達成できました
    ホントにありがとうございました。

15時間もかかってしまって若干「・・・トホホ」な感じですけど
 今のオイラの実力そのままってかんじでええじゃないでしょうか。
  6時間台で行く人もあれば24時間あっても行けない人もいるのだから・・・

次は、それも過去に2回失敗している「淡路島一周ツーリング」をいつにするかですね。

     なんだかちょっとワクワクしてきましたよ!


   。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

    チョッとおまけ・・・

T村さんの車で宝塚からの帰り道・・・
走り始めた直後から何となく車酔いっぽい感じのオイラ・・・
  ・・・時間が経つにつれ症状は悪化
阪神高速若宮出口に差し掛かった頃には「こりゃただ事じゃない」って感じに・・・
  吐き気・・・手足の痺れ&ふるえ・・・極度の脱力感・・・
車を道路脇に止めてもらって外に出ようと思うのに手がドアレバーを巧くつかめない
 転がるように外に出て腰を掛けて「なんじゃこりゃ~」
  これってもしやガス欠?
慌ててザックを取ってもらって行動食のウィダーゼリーを吸い込み
  さらにザックのポケットで殆ど顆粒状態に粉々になったキットカットをモグモグ・・・
   すると、あっというまに元気ハツラツ!うそみたい!!
   09’6.22雨なのに六甲縦走!ヤッター! 046-222
                 回復直後のオイラ・・・やや険しい顔。。。

  そういえば最後の12kmは、暗くなる山道を心細くなりながら必死の形相で
  全く休憩もせず、給水もほとんど取らず、当然エネルギー補給は全くせずにゴールまで・・・
  そりゃ~無茶ですわな。。。
  まァどんな状況に陥っても冷静さを失わずに対処していれば
  こんな怖い思いをせずにすんだってことで・・・
  皆さんも気を付けてくださいね
  山の中、一人であんな状態になったら洒落にならないですからね!


娘にはかなわない・・・
 6月21日(日) 今日から本格的な梅雨入りか?

  先日の金曜日
      夕方ころ・・・

お客様とワイワイ話しながらチョキチョキしていると
 保育所を終えた末娘が「ただいま~」

  おかえりー!

     ・・・・。。。

         ・・・・??


   いつもならそのまま奥へ行ってしまうはずなのに
      オイラの後ろでモジモジ・・・

            ・・・どうしたん?

  あのね~
   パパ・・・いつもありがと!

父の日
  ワァ~オ!

  あのね~~~ぜェ~~ったい!
    飾っといてな~
      ぜェ~~ったいやでェ~!!


     はいはい・・・飾らせていただきますよ・・・

  うちの店にこういうのってどうかなァ~とは思いますが
      この度はどうも避けれませんな。。。

超おもろい! 帝釈山・・・下りっぱなしルート
 6月15日 梅雨とは思えんええ天気~!

実は本日6月17日水曜日・・・もう既にこの日記の日付から2日経ってます。。。
すんません・・・だって夜は眠いし、家のPCは壊れたまんまだし。。。

      いや・・・もうええです。。。

ということで、先日行ってきました「散髪ランin帝釈!」

例の使い難~い編集ソフトを駆使して
 やっと完成しました・・・
  ・・・っていうか・・・
   ここらへんにしとかんと
    このソフトで自分の思うように編集するのは無理!
      ・・・です。

    不満タラタラの仕上がりですが
      まァ見てやってください。



いや~なかなか巧いこと行かんもんですなァ~

 「なんでそこで切れてまうのん?」とか「なんでこんなに揺れてんのん?」とか・・・

 実際、オリジナル映像にはもっとカチョエエ場面はあるし
   こんなに見難くないし・・・トホホ。。。

  機械任せにしているオイラが悪いんです。。。

でもまァ・・・チャリ遊びのほうは強烈にオモロかったのでええのですが。。。

今思えば、オイラ一人で異常テンションに達していたような・・・
  怪我が無くてなによりでした。

 今回一緒に遊んでくださった皆さん
   次回はもうチョッとましな映像にしますので
     また是非遊んでくださいね!
       ・・・よろしくです。



こんなん好きャ~!
 6月13日(土) 梅雨入りしたのに
              あんまり降らんな・・・

お客様のU田様から頂きました。
09’6.13 002-222

  普通にコンビニで買える物らしのだけど・・・

            へぇ~~
              そうなんや~

     「この商品のスパイスレシピは僕なんですよ・・・」

           ・・・カッチョええ~

     オイラの散髪は「F’s salon」でしか味わえないです。
        でも彼のスパイスは「日本中のコンビニ」で味わえます。

                 キャ~~まいったなこれは・・・


          しかも彼は数年前までMTBダウンヒルライダー

       さらに今はプロ裸足ブラックバスアングラー

          どうもかないまへんわ・・・

            そんなことよりこのソーセージ?
                     ・・・サラミ??
        
                 ・・・激旨!
     


09’六甲縦走withチャリ・・・トホホ。。。
6月8日(月) 梅雨前、最後の晴れ間になりそうだ!
           日頃の行いの良さがここにでました。

今日は一年前の雪辱を果たす「リベンジラン」の日

前回と同じく塩屋を朝4時に出発!
09’6.8六甲縦走withチャリ・・・トホホ 001-222
今回は前回の敗因
  ・・・下りでの膝へのダメージ・・・
       を克服すべく「withチャリ」でゆきます。

スタート直前に突然散髪隊長から電話が・・・
 「一緒に行く~!」
  とのご意向ながら、到着まで時間が掛りそうなのでほっといて出発!

4:35旗振山到着
09’6.8六甲縦走withチャリ・・・トホホ 003-222
                                   ・・・チョッと休憩

ゆっくり行きます、焦って膝を痛めないように・・・
 隊長からの電話・・・「今、塩屋から山を登り始めた」と・・・
  ヤバ!すぐに追い付かれそう・・・
    でも焦らない、ゆっくり行きましょう!

栂尾山の長~い直登階段を経て横尾山
09’6.8六甲縦走withチャリ・・・トホホ 006-222
                チャリは思った以上に荷物だけどまだまだ余裕!

須磨アルプスでチョッとオチョケ。。。
09’6.8六甲縦走withチャリ・・・トホホ 008-222あああ
                         それにしてもええ天気や~

その時何処からともなく・・・
09’6.8六甲縦走withチャリ・・・トホホ 009-222あああ
             朝の浜にもいるけれど、朝の山にもいらっしゃるんですね~
                 このおばちゃんはなかなかええ声をしてました。。。

っで、調子こいて石段のプチドロップをかましたとたん
    プッシュー!

    急いで修理をしないと隊長に追い付かれてしまう・・・
     なんとか塞いだかと思ったらもう一つ穴が・・・
   09’6.8六甲縦走withチャリ・・・トホホ 010-222
      諦めてチューブ交換・・・えらいタイムロスやがな。。。

 8:05 高取山
09’6.8六甲縦走withチャリ・・・トホホ 012-222
今日はどういう訳かあまり人がいませんね・・・
 いつもはけっこう賑やかなんですけど。。。

去年はここで本格的に膝を痛めてしまったので、石の階段をチョー慎重にくだります。

8:50 丸山の市街地を抜けて鵯越に到着・・・
09’6.8六甲縦走withチャリ・・・トホホ 013-222
 ここで給水
  六甲縦走は通り道のあちこちで飲み物を買えるので
   荷物の軽量化が出来て非常にありがたい。

 っで朝ごはん!
09’6.8六甲縦走withチャリ・・・トホホ 014-222
                              おにぎりがウマ~イ!

いよいよ・・・最初の難関「菊水直登」に挑みます!
 間もなく足攣り攣り症候群の勃発!
  こうなったらどうしようもなく
   半泣きで一段一段登って行きます。
09’6.8六甲縦走withチャリ・・・トホホ 016-222
                    休憩中も泣きそう。。。

ヤッタ~!
 11:10 菊水山頂上
09’6.8六甲縦走withチャリ・・・トホホ 017-222
                 かなり手間取ったけどなんとか。。。

そのまま休まず下りへ・・・
 この下り、乗れてる間はええけれど
  後半の急な岩場下りになると、チャリはいきなり邪魔な粗大ゴミと化します。。。
   膝への負担軽減のためのチャリではなかったか・・・?

何とかチャリを捨てずに例の吊橋へ
09’6.8六甲縦走withチャリ・・・トホホ 018-222
この時、まだまだ完走に自信満々なオイラ
当然、前回のような敗北ショットの撮影はしてません。

次の難関、鍋蓋山の登り!
 思いのほかすんなり・・・楽ってわけではないけれど。。。
09’6.8六甲縦走withチャリ・・・トホホ 020-222
   頂上には子供達がたくさん運動会の代休を利用してハイキングにきてました。
        ・・・みんなメチャクチャ楽しそう!
         ・・・オイラはチョッと辛そう。。。

ヘルメットとプロテクターを着けて一気に大龍寺まで・・・
09’6.8六甲縦走withチャリ・・・トホホ 021-222
              去年と違ってチャリの下りはええ感じ~
                 膝もまだ大丈夫!

13:40 更に市ヶ原まで下ってお昼ご飯。。。
09’6.8六甲縦走withチャリ・・・トホホ 022-222
パンは軽い上に傷まないし、甘~い糖分の摂取には持って来いの食品です。
 ROボスに習ってメロンパン!
   ザックの中でボロボロになってましたが激ウマ!

そして最大の難関「天狗道」「稲妻坂」を経て掬星台を目指します。

案の定、やって来ました“超過激足攣り攣り地獄!”

とにかく超ハード!
 ひどい時には殆ど進めず、攣るのが治まるのをひたすら待って
  「とても写真撮影なんかやってられましぇ~ん」って感じ

途中、何人ものハイカーやトレールランナーとすれ違い
    ・・・追い越されます。
皆さん口を揃えて「すごいな~自転車押してかいなァ~」と感心はしてくださいますが
 これだけ遅ければ全然すごくないです。。。

  ただただ進むのみ!
   一歩ずつでも進んでれば必ず到達できます。

  遅いとすれ違う人とも話せるし追い越して行く人ともはなせます。
    往復二度会った人もいましたね・・・トホホ。。。

4:45 やっと掬星台!
33500336[1]-222
                       きついっす!
                          でも行きます!
                            ボロボロになっても!

ちょっと休憩・・・
09’6.8六甲縦走withチャリ・・・トホホ 025-222
                                何とか気合を入れ直して・・・

悲劇は突如やってきました

 掬星台から間もなくアゴニー坂を下る途中
  左膝にビシッと鋭い痛み
   その時はそれで治まったものの、直後の「自然の家」からの登り
    その後の漕ぎで痛みは頂点・・・

      もう漕げない・・・
        あの一瞬で・・・クソ~!

必死の思いでぎりぎり記念碑台までやってきて
 18:20 リタイアを決意しました。
39061208[1]-2222
 
せっかく沢山の仲間が応援してくれたのに
 情けなくて恥ずかしいです。

記念碑台の駐車場で寝っ転がって仲間達に惨敗メールをおくりつつ
   チョッと痛みが和らいだのをいいことに
 「まだ行けるかも!」と思い少しゴールへ向って漕ぎ出しましたがやっぱり無理・・・

暗くなった西六甲ドライブウェイを一気に下ります。
 下り始めたころはスタートした塩屋にある車の所まで自走するつもりでしたが
   サドルに跨って漕ぎ姿勢をとるだけで内股が攣りはじめ
     軽い登りでの漕ぎでは膝に激痛が・・・

結局鈴蘭台から輪行で帰ることに・・・
09’6.8六甲縦走withチャリ・・・トホホ 031-222
                         膝が痛いと輪行もなかなかきつい。。。

帰宅するまでの間
 沢山の仲間たちからメールで優しい言葉をいただきました。

  「みんなホンマにありがとう!
    こんな悔しい結果は辛いけどみんなの優しさが最高にうれしかったです!
     もう二度とやりたくないくらいにしんどかったけど
      必ずこの縦走を成功させますので
        その時も応援よろしくおねがいします。」



  あぁ~そうそう!散髪隊長のことを忘れてました・・・
   その後どうなったかというと 
    須磨アルプスの東山から離宮公園へ下ってリタイヤをしたということでした。
     オイラは自分がハード過ぎて人のことまでかまってられませんでしが
      そちらもやっぱり残念な結果・・・
       お互いまた頑張りましょうね!
 

きょ・・・恐縮です。。。
 6月6日(土)  天気予報、ややハズレてええ天気!

本日最後のお客様、Y田さん・・・
 先日オイラがほんのチョコッとお世話させていただいたことで
  こんなに涼しげでステキな物をいただきました。
6.6
                                   うまそ~う!

日本の夏!ってかんじですな~
  よ~く冷やしていただきます!
   楽しみや~!!

っで、ほぼ同時刻にチャリ仲間の美容K師が・・・
 先日オイラがチョコッとお世話させていただいたことで
  こんなに涼しげでステキな物をいただきました。
6.6
 6.6
   6.6
     6.6
                      こんな旨そなハーフ&ハーフが・・・

      いや・・・うっま~い!

    日頃はビールに酷似した飲み物でしのいでいるオイラとしては
      これはもう ご馳走~~~!

        あッ!
         これって2杯飲まないと駄目ってことですね・・・
           しょうがないな~もう~~嬉々!


ドキドキ!ワックワク!!
 6月4日(木)  もう間もなく梅雨やね・・・
              蒸し暑いわ~

  ・・・でもね!
6.4
 オイラの初代MTB「ラレー号」

「シマノ デオーレ メカニカルディスクブレーキ デュアルコントロールレバー」が・・・

  「ヘイズ HFX-9油圧ディスクブレーキ」「シマノ XTシフター」に・・・

          ・・・輪行バッグも入手!

         着々と準備が調いつつあります。

           楽しみじゃ~~!

ニューアイテム×2コ ゲット!!
 一つ目
6.1
6.1
                         ETC機ですわ~

「お盆までに着けばええな~」って思ってたのにもう着いて・・・
 エンジンをかける度に
   「カードが挿入されてません。。。」
      という声が・・・

  そうなんです
   まだカードのほうが手元に届いておりません・・・悲しい。。。
 月曜が休みのオイラは一律1000円の恩恵も受けれないのですが・・・
   まっ!それも時代ですから。。。


 二つ目
6.1
「お山へ遊びに行った時に便利だろうな~」
   と思いつつ買ってなかったのですが
    来週の月曜にある計画を実行するにあたって
      どうしても欲しくなって本日購入!

     ・・・これで、どこでも記念撮影!

      計画の内容は今のところ秘密ってことで・・・

    来週のブログを 「おっ楽しみに~!」    

6月1日といえば・・・
朝、目が覚めるとリビングの窓際にぶらさがってました。
6.1
                  末娘の制服が涼しげなセーラーと麦わら帽に・・・

卒園したお友達のお下がりがあったので買わずに済むと思っていたのに
 どう考えても無理な状況まで育ったわが子・・・
  予定外の出費をぼやきながらも
    チョッと嬉しそうな妻の顔・・・

   オイラも嬉し~い!

考えれば、この子以外は制服を持たないその他家族・・・
    衣替えって言ってもな~

とりあえずオイラは散髪しときます。
6.1
   6.1
       6.1
                  う~ん・・・やっぱりセルフカットは難しいな~
                    でも、けっこうさっぱりしたでしょッ!
                      娘の制服にはかないませんが。。。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.