FC2ブログ
オイラのはなしを聞いてくれ!
明石市の大久保にある散髪屋『F's salon』のマスターの日記。 日々最高のサービスをお客様に提供しつつ 休日には趣味の釣りとマウンテンバイク! 家族を巻きこんで思うがままに遊び続ける身勝手男の日常・・
202003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202005
再戦!淡路島一周100マイルJOGJOG!・・・今度こそ目標達成じゃ~!
  11月19日(月)~20日(火)
 ちょうど一か月前にチャレンジした淡路島一周JOG!  (前回の日記はこちらをクリック)
みんなの力を借りて何とか一周して
たくさんの人に祝福もされ
それはそれで幸せな気持ちに浸れたのだけれども

 ・・・どうもやっぱりスッキリ感がない

目標の30時間切りにはほど遠い40時間もかかってしまったし
 JOGを謳いながら半分も走れず、ゴールも杖を突いて歩いてのゴール・・・

やっぱ、もう一回いっときましょう!

4時起きで、駅前にはやっぱりタクシーは無く西明石までトボトボ徒歩・・・
 コンビニ弁当をジェノバラインの待合で済ませ
  前回と全く同じパターンでいざ!

6時ちょうどに岩屋をスタート!
12’11.19~20004
前回と違ってまだ暗い・・・
そして何より、今回はどなたにもサポートをお願いしておらず
南岸の山岳地帯を日のあるうちに通過したい思いから今回は時計回りに進みます。
一人なので荷物の量は前回の倍!
ザックも一回り大きいものに替えました。

上手に走らねば・・・

7時28分(9.8㎞地点)前回にぶっ倒れてしまった仮屋交番に到着!
12’11.19~20006
こんなにも近かったのか・・・
明るくなって汗も出始めたので、ここでウィンドブレーカーを脱ぎました。

前回の最大の反省点は、当初の作戦を無視して12㎞地点まで休憩を取らず
その後も時間的余裕を多く持ちたいがために休憩の数を減らしてしまい
後半に足が残らなかったことが第一だったので
この度はとにかく「疲れる前に休む!」を徹底しようと思います。

随分とゆっくりペースを自覚しながらも「あせらないあせらない・・・」
志筑を過ぎた辺りで「来週(神戸or大阪マラソン)走るんですか~」
 とベテランランナーさんに声を掛けらえましたが
「いいえ、今日は島一周!」と答えると
びっくりしながら「がんばって!」Good!サインをくださいました。

10時45分  TTローディーMTBの異色グループに抜かされつつ洲本着。。。

ここで魔がさして・・・
12’11.19~20007
11時ちょうど! 三熊山登頂・・・
絶景かな絶景かな~~!!
思った以上に足に余裕を感じたのでやっちゃいましたけど
こういう予定外の行動が、後に足を引っ張ることを前回に十分学習したはずなのにね~

登りは登山道、下りはドライブウェイを下ってルートに復帰
間もなくマリーナにあるファミマで昼食
12’11.19~20009
おにぎりの一個に具なしを選ぶのはカップヌードルのスープの残りにぶち込むため!
お行儀が悪いけど旨いのだ!

さっき追い抜かれたはずのチャリダー達がまた後からやってきた・・・
洲本でお昼を済ませたんだね・・・でも何だかオイラに言たげな雰囲気??
結局「お先に失礼しま~す」とだけ告げて行っちゃいました。
何だったのか?
もしかして知り合い??
なぜかFELT(ドイツの有名メーカー)率が濃厚なバイク集団だったな・・・

穏やかな海岸線を気持ちよ~くJOGJOG!
偶然、特大ヒラメのライズを目撃!
生まれて初めてのラッキーに釣師のオイラのハートは超ハイテンション!

    ・・・ヒャッホー!

12時15分 由良港の入り口付近・・・
軽い足取りでフルマラソン!
12’11.19~20011
6時間15分はチョッとのんびり過ぎるけど
途中で三熊山へ寄り道した分を考慮すれば、まァこんなものか・・・

さァ~いよいよ!
南淡灘へ向かう峠越えに挑みます!
一旦仕舞っておいたトレッキングポールをセットし直して・・・
気合を入れて登ろうと思ったところでヒザ裏に痛みがピリピリっと・・・

ヤバイです!
でも負けずに進みます!

ここでこの度のロングJOG!のために購入したブラックダイアモンドのトレッキングポール
“ウルトラディスタンス”の存在感が大爆発!
グングン行ける
膝の痛みはあるけれど、前へ前へずんずん進める!
下りに入った頃には痛みを忘れてましたね!

トレッキングポールはちゃんと使わないと、ただの荷物になってしまうのだけれど
誰に教わることなく、長時間使い続けることで大事なポイントを運良くつかめた感じだ!

淡路島南岸に出ました
12’11.19~20012
やや雲が多くなって少し風も出始めましたが、特に気になるほどでもなく
むしろ雲の合間から差し込む日の光が幻想的に沼島浮かび上がらせた風景がとてもきれいで
眉間に皺を寄せて走っていたオイラの心を一瞬にして癒してくれました。

懸念していたこの時期から吹き始める西からの季節風はほとんど無く、軽い歩調で進めます。

モンキーセンターで水分補給・・・休憩はせずに続けてJOGJOG!
あっ!写真を撮り忘れてました。ここに来れば必ず撮っていたのに・・・残念。。。

15時03分 60km地点通過…よし!あと100キロ!

15時49分 66,92km地点 土生港着
「ちょっと休憩しよかな…」と思いつつ西の空を見れば、もう間もなく夕方の雰囲気・・・
何とか明るいうちに峠を一つでも越えておきたいので
ここは一発!
缶コーヒーをグビッと一気に飲み干してセッセと先へ進みます。
12’11.19~20017
阿万までの山越えは全ルート中で一番傾斜の急な登りのあるセクション!
前回、逆回りの際に足首を痛めてしまった坂を今回は登ります。
ここで更に先ほどのトレッキングポールが火を噴きます!
急峻な登りをカツカツJOGJOG!
 ・・・すばらしい!
今年をあと一か月以上残した現時点で
 「2012年 買っててよかったもの大賞グランプリ」をほぼ確実なものとしました!
  おめでとうございます。

阿万の集落に下りた頃、ちょうど日は西の山陰に沈みました。
ただまだ時刻は5時になったばかり。
当初の予定ではショートカットの予定にしていた「若人の広場」の有る尾根へ挑むことに・・・

街灯の下でヘッドライトと背面に赤色の点滅ライトを装着!
とにかく心霊スポットとして有名なセクションなので
高カロリーのブースターフードを大量に摂取して、一気に尾根を駆け上がります!
周りを余り見ず、大きな声で独り言を言いながらセッセと登ります。

何事も無く18時07分 77,45km地点 ホテルプラザ淡路島に到着
途中ですれ違った車のドライバーをオイラが逆に驚かせてしまった様子でしたね(笑)
12’11.19~20022
ここで風が少し強くなったのと気温が下がったのでウインドブレーカー装着。

県道との合流地点までの“チョー心霊ゾーン”は一気に超高速ダウンヒルで歌を唄いながら駆け抜けます!

県道に合流後、にわかに下腹部に自然のいざないをもようしたので、お行儀悪く道端で・・・
と思ったら茂みの中からガサガサブーブー!
鹿ならともかくとは相手が悪い!
福良の入り口まで更に超高速ダウンヒル!

18時39分 半分通過! ヒャホー\(^_^)/

19時14分 83,31km地点 福良に到着!
夕食は焼きそばにしようかな?と思っていたけれど、どんどん気温が下がってきたので
ここはやっぱりカレーヌードル&おにぎりで!
12’11.19~20023
ここで今回のミッション遂行中で最大のミスを犯してしまうオイラ・・・
二つ買ったおにぎりの内、一個は残ったスープに掘り込むための具なし
そしてもう一個をなぜかワカメおにぎりにしてしまった。
かじった瞬間に・・・磯の香り&酢飯・・・
カレー&磯の香り&酢飯のコラボレーション!ぜひご賞味ください・・・ゲロがでます。。。

最悪の食い合わせでムカムカする胸をさすりながら阿那賀への峠越えに挑みます。
途中の門崎(とざき)にある「うずしお道の駅」へ立ち寄るかは未定のまま・・・

上り坂に入って交通量が激減しました
周りの茂みの中からは動物達のガサガサ動く音と気配が・・・
あまりに気持ち悪いので
念のために持ってきていた小型ラジオでAM放送を聞きながらボツボツ歩きます。
走るとチューニングがずれてしまうので早足ウォーキング!

20時30分頃 分岐で門崎へ向かう車を見かけたのをきっかけに
「やっぱり前回と同じ距離を行かなければ!」ということで、門崎の道の駅へ・・・

ところが分岐から10分ほどで、さっきの車がもの凄い勢いで飛ばして引き返してきました。
チョッと走り屋風のヤンキーっぽい雰囲気の車で助手席には女の子を乗せていたので
「チョッといちびっているんかな?」と思いつつ先へ進みます。

暫くして、今度は1000CCクラスの小型車がオイラを抜かして道の駅方面へゆっくりと・・・
がなんと5分と経たないうちに
今度はどう考えてもアクセルベタ踏みと思われる勢いでオイラの横を駆け抜けて戻っていってしまいました。

 ・・・・なに?
  なにがあるの?この先に。。。

ビビリながら少し進んで

 お化けがでたの?
  誰かがぶらさがってるの?
   いやいや、がらの悪い連中がたむろして悪さをしているのかな?

どれが当たってても嫌なので、駐車場の見える少し前まで来て引き返すことに・・・
大人として当然の判断だと疑いません!

県道に戻ってもほとんど車が通りません
高速道路の入り口を通過するまでに通った車は3台だけ・・・
寂しいです
静か過ぎます淡路島の夜・・・
そういえば、前回の夜にあれほどいた鹿の姿を一頭も見てませんね・・・
それはそれでチョッと寂しい。。。

21時43分 95,57km地点 ホテルアナガ通過・・・

海岸線に出て、今まで気にならなかった風が突然強風になって浜から襲ってきました。
潮の滴を巻き上げた強烈な横風!
 いや向かい風!
  今度は追い風!

丸山を過ぎ津井に向かう途中 22時26分 100キロ通過!
右手の山の上で風力発電の風車がグルングルン回ってます!

ときたまやって来る追い風のときは爆走チャンス!
でもそれ以外の時は体を低くしていないと飛ばされそうで危険です。

津井を過ぎ湊港・・・

日付が代わって
00時13分 109,2km地点 慶野松原のローソンで休憩
温かいコーヒーを飲みます。
風に振り回されて、一気にお疲れモード全開・・・
連続で500mが走れなくなって、歩くスピードも随分遅くなってきた感じです。

松林を過ぎ、いよいよ長い長い海岸線の始まりです。
風の勢いは全く変わらず、空には星がいっぱい光っているのに
まるで風雨のように潮をかぶりながら進まなくてはなりません。

オイラを先ほど抜かして行ったホロ付きのトラックのテールランプが、いつまでたっても見えてます。
どうやら、風に煽られてうまく走れず徐行しているようです。もしかしたら横転しかけたのかも知れませんね。

距離をさほど稼げないうちに2時間ほどが経過・・・

2時32分
温かいものが食べたくて都志のファミリーマートでレンジで温めるタイプのかきあげ蕎麦を買ったのだけれど
店員さんが温める時間を間違ったのか、これが微妙にぬるい・・・でも「温め直して」というほどでもない・・・
12’11.19~20025
気の小さいオイラは多少の不満を口元にコレを完食・・・トホホ。。。

この時期の日の出は遅いです・・・
風は相変わらずの勢い・・・
右足の甲の部分に前回と同じ痛みが出始めて、身も心もかなりダウン状態・・・
眠気も差してきてヤバイ!
仮眠を取ろうにも、寒すぎて横になれそうなところなど何処にも無い。
先ほど買っておいた眠気防止飲料の「強強打破!」を二本飲み!で凌ぎました。

やっと明るくなってきて、育波のローソンに到着
休憩中にザックの中に福良で買ったクリームパンが残っていることに気付いて
温かいコーヒーとで朝食。

明るくなって気分は上向きになってきたけれど
このころから左足の甲の痛みが増してきて、徐々に危険な状態になってきました。
そのため用心する気持ちもあって、ほとんど走らずにウォーキング状態になってしまいました。

7時44分 富島港・・・痛みが更に強くなってきて、一度に走る距離は100mくらい。
ゴールまで約13kmというと「あともうチョッと!」でもあるけれど
何せ、前回はあと10kmというところまで来て動けなくなったのだから、迂闊なことはせずに大事に行きます!

目の前に我がホームタウンの明石の街がはっきりと見えてます。
あれが二見の人工島、すぐ横の緑は中尾の住吉神社!
ということは・・・あれが家族の住むオイラのマンション!!
自然と顔がニコニコ笑顔になってきます。

8時55分 
ふと思いついて我が家に電話・・・
夜中に何度かメールをくれていた妻
子供達は学校に行ったはずだし、ボチボチ洗濯物も干し終わる頃のはず。。。
「こっちに来て一緒に温泉行って昼飯どう?」

明石海峡大橋の橋脚が見えてきましたが、見えているのは本州側だけ
淡路側は山の陰でまだ見えません。
まだまだゴールが遠くに感じられます・・・あと7~8kmはあるでしょう
スタート直後のその距離なら、あっという間だったのにね。。。

明石港から妻の乗った高速船が出てきたのが見えました。
妻に電話をしてオイラが見えるか聞いたけれど、メチャ揺れの状態で「それどころではない!」とのこと(笑)

大橋の下をくぐってもうチョット!
ゴールのジェノバラインターミナルが見えてきました

もうチョッとなのにメッチャ遠い!
足の甲の痛みは限界に近付いてきました・・・

旧のフェリー乗り場の手前まで来て、気付けば前方に妻の姿・・・
あんまり遅いので気になって見に来たそうな

少し進んで、ゴールまであと300m程だろうか
 ・・・走ろう!

あれれ!走れる!痛いけど痛くない!

もっと前から走れたのだろうか?
 いや、今になったから走れるんだ!

もう目の前!
妻のヒールで後からついて来る足音がカツカツ聞こえます
うまい具合に派出所前の信号が青に変わって
妻に「渡るぞ」と声をかけて
渡ったところが・・・よしゴール!

スタートから28時間50分57秒!
12’11.19~20026
30時間切り達成そして何より“走ってゴール!”
二つの目標をクリアできました
 感激です!

ターミナルのベンチに座って
まずはスタート前からずっと応援をしてくれて、心配してくれていた仲間達に報告のツイートを書きます。
特に朝になってから携帯電話の調子が悪く、インターネットへの接続ができず
まったく経過を報告できてなかったので、時間をかけて、何度もトライして無事終了・・・

ホッと一息したのち
贅沢にタクシーに乗って「美湯・松帆の郷」へ・・・

最高じゃ~~
メッチャ気持ちエエ~
最高に幸せな気分にひたりました。

ただチョッと・・・
入浴中に軽い貧血を起こして脱衣所の椅子で横になってたものだから
微妙な騒ぎを起こしてしまったオイラ・・・
スタッフの皆さんごめんなさい、そんなたいした事はなかったんですけど・・・
 ご心配をお掛けしました(苦笑)

食事はやっぱりこれ!
12’11.19~20027
生しらす丼!
旨かったなァ~
おかわりしたいくらいでしたね!

でもホントはここでビールで乾杯!をかましたかったのですが
「風呂場で騒がせてしまったのに具合が悪いかな・・・」と思って祝杯は自宅までお預け(笑)
妻には「食べてからお風呂にすればよかったね」と言われて
最後はまさしく“らしいズッコケぶり”のオイラなのでした。

一回目のチャレンジから、ずっと応援やお手伝いを下さった皆さんありがとうございました。
最初の経験がこの度の目標達成に繋がったのは言うまでもありません。
“おかげさま”の言葉が何よりオイラの意に沿うように思います。
かさねてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。。。




コメント
この記事へのコメント
志筑で声かけたおっちゃん 飲み友達の 洲本のイタリア亭 のマスターです
どこかで聞いた話やなぁと(淡路一周)思ったら藤田くん やってんな(笑)
2013/01/10(木) 18:36:24 | URL | koushi #-[ 編集]
koushiさん!
お知り合いでしたか~!
シブい雰囲気のスレンダーなランナーさんでしたよ!
「パワーを頂いて無事完走できました!」とぜひお伝え下さい。よろしくです。
機会を作ってお食事に行きたいです!
2013/01/10(木) 23:55:53 | URL | f’sマスター #p0fC9Ziw[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.