FC2ブログ
オイラのはなしを聞いてくれ!
明石市の大久保にある散髪屋『F's salon』のマスターの日記。 日々最高のサービスをお客様に提供しつつ 休日には趣味の釣りとマウンテンバイク! 家族を巻きこんで思うがままに遊び続ける身勝手男の日常・・
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
新緑萌え萌え!岡ノ上三山~暁晴山(ぎょうせいざん)ハイキング!
    5月14日(月)

けん玉の木村先生にお誘いいただいて
この度宍粟50名山の別選5名山に加わった
岡ノ上三山・・・出石山(ひついしやま)・熊ノ原・岡ノ上の三つのピークをハイキングしてきました。

峰山高原ホテルリアクシアの前から・・・
22RIMG1340.jpg
あれ・・・先生が隠れちゃってます(汗)

ノルウェーの森へ
22RIMG1341.jpg

去年にオープンしたスキー場の開発工事の影響か・・・ルートがいまひとつ分かりにくくなってしまって
スタート直後にロストをしてしまったけれど、何とかルートに復帰
山奥深くまで入り組んでいる林道をしばらく進みます・・・
22RIMG1344.jpg

それにしても若葉の新緑が素晴らしいです。
22RIMG1350.jpg

その後、何のために作ったのかよく分からない古い土塁沿いの登山道をセッセと進んで
まずは最初のピーク・・・出石山(ひついしやま)に到着!
22RIMG1355.jpg
ピークは完全に馬酔木に占拠去れていて、山頂を示す表示も土塁の上に立ってます。
眺望はさほどではありませんが、まずまずでしょうかww

ここから尾根を北上して熊ノ原へ向かいます。
カッコウやウグイス・・・遠くからホトトギスの声も聞こえて、何ともええ雰囲気の道を進みます。

山頂手前の乙女岩・・・
32507951_1371677066311796_6473966623744065536_n.jpg
何とも分かりやすいネーミングをされたものですねww
22RIMG1358.jpg
熊ノ原には眺望はほぼありません・・・ちょっと残念ですが小鳥の声がいっぱい聞けていい感じ。。。

もと来た道をピストンで戻って、出石山から西へ伸びる尾根を下ります。
922RIMG1361.jpg

最近に出来たであろう林道に出て、100m以上急降下した後の分岐でハイキング道へ
さほどの距離も登り返しもないうちに最後のピーク、岡ノ上に到着・・・
922RIMG1362.jpg
眺望は西側のみ・・・前に行った後山が正面に見えます。

ここからスタート地点に戻るのに、せっかくですから暁晴山を経由します。
歩きやすい林道をズンズン南下して、土塁沿いを登るルートを見つけて直登でピークへ!
922RIMG1368.jpg
ピークは360°パノラマですが、でっかいアンテナ塔がいっぱい立っていて写真はうまく撮れません。

さて下山です!
922RIMG1370.jpg
ここは新しく出来たスキー場の頂上でもあって
見下ろすゲレンデは削った山肌がむき出しで、何とも無残な惨状ですわ・・・
まったく草も生えず
雨水でできた幾つもの溝が深く刻まれてむごいものです・・・
922RIMG1372.jpg
あれ?リフトの搬器もぶら下がったままですやん・・・外すの面倒くさいのかな?
大型雪上車二台もカバーさえ掛けられず野ざらしなんですね・・・そんなものなんかな?

最初のスキーシーズンを終えて梅雨や台風を迎える以前でこれですからね・・・
来年の今頃はどうなってるでしょうね・・・

というか、この下にある黒岩の滝を有するあの美しい沢は、ここから流れ出た土砂によってどれ程ダメージを受けることでしょうか?

スキー場の下部に設けられた、雨水に含まれる土砂の沈殿槽は、もう既にほぼ埋まりつつありました。
梅雨になれば、この夏を待たずに埋まってしまうでしょうね・・・
せめて土丸出しのゲレンデ部分に草の種を撒きましょうよ・・・
今年の梅雨にはもう手後れでしょうけどね・・・残念

さて終盤こそややさみしい雰囲気になってしまいましたが
全行程 約12km 4時間05分の午前中ハイキング・・・
全般的には新緑のまぶしい広葉樹の原生林を小鳥のさえずりと共にのんびりと満喫できて
とても楽しいハイキングになりました。

もう秋の紅葉が楽しみになってきましたよ!

参考までに今回のルートログ・・・
IMG_2693.jpg



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.